タダシップとの出会いがきっかけ!シアリスを求める俺の心情

負担を軽減する薬

国内でのED治療薬の歴史は1999年から始まり、2007年までに三種の有効薬が誕生しており、誕生の度に従来の薬を改善し扱い易い薬として多くの男性の方の勃起に役立てられてきました。

最新の薬であるシアリスは特に多くの男性の方が投与を希望し、また日本のみならず世界でも100カ国以上の国々で販売され利用者数も1000万を超すとされ、ED治療薬市場の4割以上を占めるシェア率を誇り、有効性の高さが伺えるものになり国外の医療事情は詳しくは説明を省きますが国内では本剤含めどれもが処方せん薬とされ、医師の許可がない状態での投与を行う事が出来ず、誰もが医師の指導の元で服用を始めなければならず、これには大きな欠点があり有効性が高い薬となるものの健康保険が非適応の治療とされているので治療費含め薬代が高額であり投与継続が困難な状態に陥るケースもあります。

困難な為に症状を放置しても自然に治癒される事はなくまた放置は悪化の原因にも繋がり、また若年性EDが増えているので若くして性交を諦めてしまう事は心の負担にもなります。

そこでシアリスジェネリックであるタダシップの投与に切り替える事で医療費の問題を解消する事ができ、また成分用量も同一となるので先発薬で成分自体は臨床試験を繰り返し安全性等は確認を済まされているので不安感を抱える事なく投与を開始する事が出来ます。

シアリスジェネリックのタダシップとは、先発薬同一タダラフィルを20mg含有の経口服用薬となり、本剤は血中内の成分濃度が最高点に達するTmaxが個人により大きな差があり一時間から四時間あるとされますが、持続力が最も高く単回投与で36時間の作用時間を持つ為、約一日半の間であれば好きな時に性交を楽しむ事が出来る様になります。

また効き始めが遅い分、独特な副作用の発生率を抑える事もでき投与した男性の方の三割程にしか副作用は起こらないとされ、顔面紅潮や目の充血を抑える事が出来ます。

また溶け出してしまえば吸収率が良い為、投与前後である程度のCalを持つ食べ物でも摂取する事が出来るので服用のタイミングを伺う事なく投与する事も出来ます。

先発薬となんら変わらないタダシップを含むシアリスジェネリックは、医療費負担を軽減してくれる同一効果効能の薬になります。