ED,もしくは勃起不全とは?勃起の仕組みから説明します。治療にはシアリスなどの治療薬が最も利用されています。

EDとは

EDとは

ED(勃起不全)とは、1998年までは治療が困難な疾患とされていましたが特効薬となるホスホジエステラーゼ5型阻害剤、通称ED治療薬が登場した事により、治療困難とされている事が治療出来る様になりました。

多くの男性の方に役立てられ現在に至り、本症の原因は陰茎に輸送される血液の量が低下する事とされこれは勃起状態に至るまでの仕組みの中である物質が分解を起こす事で生じると考えられ、本症を知るにはまず日常的に起こる勃起状態を起こすまでの仕組みについて知る事が重要となります。

勃起の仕組み

男性の方が外部刺激を受けるあるいは脳が興奮状態へと入る為の作用を受ける事で体の中ではNOである一酸化窒素の放出が開始され、この中に上記で挙げたある物質である環状グアノシン一リン酸(以下、cGMP)が含まれており作用としては陰茎内の血管を拡げる事になりこの物質が活発化する事で多量の血液を海綿体へ貯蔵する事を可能にしてくれ、脳での外部から受けた情報処理、そこから神経を伝って信号を陰茎に送る、そして血管を拡げる事で海綿体への血液の流入の四つの機能が勃起状態を作り出します。

勃起の仕組み

ここに様々な要因が重なる事でcGMPがホスホジエステラーゼ5型に分解されEDを生じさせる様になり、この物質は勃起抑制酵素と言われ何も無い状態での勃起を抑制する作用を持ち、また射精後に勃起状態を解消する物質でもあり必要なものですが、EDではこれが優位になる事が血流を低減させてしまいます。

EDが起こる原因

一つは脳に影響を与えてしまう心因であり、過去、現実を問わず心に残るマイナスな事が影響する事で脳の働きを抑制する事に繋がり、他にも器質である神経や血管に損傷が起こっている際にその働きに不具合を起こしたり、あるいは薬剤といい抗うつ剤等の長期投与により副作用として機能の不全が見られる事もあり血流を低減させる事が原因になり発症してしまいます。

EDの原因について詳細はこちら ED治療薬が一次の選択

症状の改善にはどれが要因となる際でもED治療薬が一次の選択となるので、硬度が足らない、または持続出来ない等の症状に悩む方は薬物療法による治療方法を推奨します。シアリスやシアリスのジェネリックタダシップが人気です。病院に行かずに通販で購入する事も可能なので、安く簡単に試してみたい方にはお勧めです。