ジェネリックは何故安いかご存知ですか?また、インドでは薬事法が異なるので様々なジェネリックがあります。

%%HEADER%%

先発薬とジェネリック

安いだけではありません。効果も先発薬と変わりません。EDジェネリック薬

ここでは、先発薬とジェネリックの関係について少し触れていきたいと思います。日本では、最近になってからよく聞くようになった「ジェネリック」。徐々に普及してきていますが、イメージとして単に安い薬と思っている人も少なくありません。そもそもジェネリックが安いことには、理由があります。

ジェネリックが安い理由

薬の中に含まれている成分のほとんどに「特許」という権利が付いています。特許のついた成分は、特許を取得した製薬会社以外は製造することができません。その期間は原則で20~25年とされ、長い時を経て他の製薬会社から製造される薬がジェネリックになります。既に使用されている成分を用いて製造されるので、ジェネリックに開発にはそこまで巨額の資金を投資する必要はありません。なので先発薬にくらべて低価格での販売が行われており、同じ成分になるので同等の効果を期待することができます。保険が適用されない治療や長期的な治療の場合には、医療費の負担を減らせることから患者さんが便利に使用することが出来ます。

インドのジェネリック

インドのジェネリック

しかし特許期間内でもあるにも関わらず、製造されている薬もあります。それがインド製のジェネリックになります。インドの法律は他の国と少し事情が異なり、違う方法で成分を製造すれば違う薬として扱うことができます。なので特許期間内であってもジェネリック医薬品を次々と製造することが出来てしまいます。

代表例がED治療薬であり、インドの製薬会社からはED治療薬の様々なジェネリックが販売されています。価格も先発薬の1/5ないし1/10ほどの価格で購入できるので、先発薬で1錠が何千円もするのが数百円ほどで購入できます。たとえばシアリスは2000円前後ですが、ジェネリックのタダシップなら400円程度です。

EDに悩む男性は先発薬では治療継続が難しい

実際にEDに悩む男性は先発薬では治療継続が難しいので、インド製のジェネリックに切り替える人が増加していると言われています。製造技術はもちろんのこと、製薬会社によっては厳しい品質管理基準を設けて徹底した薬の管理を行っているので、国内でも安全に使用することができます。インドのジェネリックは日本では販売されていませんが、個人輸入代行業者などを利用すれば、通販で簡単に購入する事ができます。

製薬会社の問題

消費者にとっては非常に助かる話ですが、一方で先発薬を販売している製薬会社は困ります。開発にかかった費用が回収できないことで、後に誕生するかも知れない最新のED治療薬の開発が遅れる、または開発できないなんて可能性もあります。こういった事から先発薬とインド製ジェネリックの関係は、非常に難しい問題なのかも知れません。

%%LINK%%
%%SIDE%%
%%FOOTER%%