世界で最初に開発されたED治療薬のバイアグラ。誕生秘話から解説していきます。

バイアグラとは

バイアグラ

1998年、世界中の男性を賑わせた薬。それが「バイアグラ」になります。それまで治療が困難とされてきたEDを治療できる薬として誕生し、現在でも多くの男性達の勃起を支えてくれているED治療薬となります。素晴らしい薬ですが、バイアグラの誕生は偶然の産物です。

成分として含有されている「シルデナフィル」は、そもそも狭心症という病気の治療のため研究・開発が進められてきた成分です。臨床試験から開発側が期待する効果は得られず、被験者から薬を回収しようとしてところ「勃起する」という理由からそれを拒む人達がいました。そこからEDに対しての研究が進められた末、ED改善効果が認められ1998年にアメリカで販売がスタートしました。バイアグラは思わぬことがきっかけとなり、世に誕生した薬になります。日本では1999年から医師より処方され、国内にも多くの愛用者がいます。

作用

作用

さて肝心の作用の方ですが、シルデナフィルは「PDE5阻害剤」に分類されます。このPDE5という酵素こそが、EDを起こす原因です。酵素は「サイクリックGMP」という物質を分解する性質があります。この物質は、筋肉を弛めることによって血管を拡張する作用を持っています。血管の拡張により多くの血流量が見込め、男性の興奮時には勃起状態を起こすことができます。PDE5が優位な状態が続いてしまうことで、それだけ分解が進んでしまうので勃起力が低下していってしまいます。成分シルデナフィルはこの酵素を阻害することで物質本来の働きを取り戻させ、血管を拡げることで勃起機能を向上させてくれます。

服用方法

性交の1時間ほど前に1錠の服用となります。ただし、服用の2時間前からは空腹である必要があります。成分は腸から吸収される事から、食事によって吸収が阻害され効き目が安定しない事があります。服用は「空腹服用」を忘れずに。

副作用

副作用は、次の症状が起こります。

  • 紅潮/ほてり
  • 頭痛
  • 鼻の詰まり
副作用 こういった症状は、薬の作用によって血液循環が良くなるので起こると考えられています。約90%の人に起こるので心配する必要はなく、作用していく過程では仕方の無いことになります。良く捉えれば、副作用が現れてきたら「効き始め」の合図ということになります。副作用が心配な方は、シアリスは副作用は少ないと言われているので、こちらもお勧めです。

バイアグラのご購入はこちら